ブログ: 2014年4月アーカイブ

2014年4月アーカイブ

こんにちは、J-FLOW(ジェイフロー)の三島です。
GWに入りましたね♪長い休暇の方は11連休だそうです。
私の友達はシンガポールへ旅行に行くと言ってました。私はですね・・・国内でのんびりします(笑)
普段できないコトを、このお休みの間にしていこうかな~って思います。
ゆっくり時間をかけてセルフケアをしてみようと思います。

さてさて、セルフケアといえば爪のお手入れをご自分でされている方もいらっしゃると思います。
あなたのネイルはマニキュア派ですか?ジェル派ですか?

私は気分や自分のスケジュール状態によって使い分けています。
あ、あと季節によっても違いますね・・・。冬のあいだネイルサロンに頼りますが、これからの季節はいろんな色にチャレンジしたり、洋服のコーディネイトにもよって差が出てくるのでマニキュアが中心になってきます。


ネイルサロンで素敵なデザインのネイルをしてもらったり、
自宅で気軽にマニキュアでバリエーションを楽しんだり、
最近は自宅でできるジェルネイルもあるようですね。
爪先のオシャレは、いろんなデザインや色があって楽しいなって思います。

それでも、たまには爪を休ませて上げることも大事ですよね。

1675046_wl.jpgのサムネール画像


皆さんのネイルケアはどのようにされているのでしょうか?

自宅でも気軽にできるマニキュアは、オフするのも自宅でしますよね。
自宅で除光液を使ってマニュキアを落とたあと、みなさんはどのように爪のお手入れをしていますか?じつは除光液を使ったあとのお手入れを、あまりされていない方がいるのを耳にしたんです・・・。

特に除光液を使ってマニキュアを落とすと肌の皮脂成分までとれてしまいます。そして、そのままだと爪がもろくなったり、甘皮部分が乾燥してしまいます。オフしっぱなしは爪にとって良くない環境ということです。
爪は一度弱ってしまうと、健康で丈夫な状態に戻すのに時間がかかってしまいます。そうならないためにぜひ、以下の事を参考にしてみてください。

【丈夫で健康な爪を育てるために】

・自然素材の皮膚に浸透しやすいネイルオイルを使用する。(爪や甘皮部分にマッサージするように塗りこんでいきます。)
・ネイルオイルを爪の裏から塗る。(意外と忘れやすい箇所です)
・爪切りでなく爪ヤスリで爪を整える。
・手袋をつけて家事をする。
・爪先を使わず指先を使うように、爪に負担をかけない指先の使い方をする。(爪先を使うと爪がはがれやすくなります)

これらを徹底していくことで、丈夫で健康な美しい爪を育てることができます。

J-FLOW(ジェイフロー)のツバキオイルエッセンス ネイルケアは、皮脂成分が入っていますので荒れた指先をしっかりとケアできます。しっかりとしたネイルケアをすることで、ネイルが長持ちすることにもなります。
さらには塗りやすいペンタイプなので、お手入れがとてもしやすくなっています。
http://j-flow.com/products/detail.php?product_id=8

1864387_wl.png

爪が育つ好循環を作り出すことで、綺麗で丈夫な爪を保つこと。
それが、指先のオシャレお楽しむコツともなりますから・・・。

しっかりケアして、素敵なネイルを楽しんでくださいね。




こんにちは。J-FLOW(ジェイフロー)の三島です。
暖かくなったな~、思えばちょっと寒さが戻ったりと気温差がまだまだ安定しませんね。みなさんいかがお過ごしですか?
先週は気温が上がってきたので、少しずつ衣替えを進めようかなと洋服の整理をしてみました。整理しながら思ったのですが、これからの季節のお洋服って襟元が広いですよね。襟元が空いているってことは・・・それだけ外気にさらされるってことです。
寒~い冬には寒さ対策でしっかりとガードしていた「首」ですが、襟元が空いたお洋服を着ると無防備になりがちなものなんです。
そんなワケで・・・今日はついつい忘れがちな「首もと」のスキンケアの話です。

じつは「首」のお肌は年齢が出やすい箇所なんです・・・。ご存知でした?
ついついお顔のケアに気を取られて、首周りのケアはしていなかった!という方も少なくありません。
首の肌は薄いので、紫外線の影響を受けやすい場所でもあります。
日焼けどめはお顔だけでなく、首にもしっかりと塗って紫外線対策をしてくださいね。

特に「首の後ろ」は大半の方が忘れがちな場所です。(私もよく忘れます) 忘れがちな場所なのに一番日焼けしやすい場所です。
忘れがちな場所は、一番はじめに日焼けどめを塗るといいかもしれませんね。


a0002_005510.jpgのサムネール画像
さてさて、日焼け対策をしっかりした日中はこれで完璧です♪

ここで、もう一つ皆さんに知っておいて欲しいことがあります。
それは、日焼けどめを塗ったあとのケアです。

日焼けをしっかり落としたあとのお肌はかなり乾燥します。
気温が上がって空気中の乾燥は少なくなりますが、紫外線対策の日焼けどめによる乾燥がこれからのケアに必要になってきます。

先程も書きましたが、首のケアもしっかりとしていただきたいものです。
乾燥した肌をそのままケアしないでいると、余分な脂質が発生する原因にもなります。
お肌は乾燥していると認識すると、肌自身を守ろうとして油分を発生させます。この発生した余分な脂質がメイク崩れなどの不快の原因につながります。

春から夏にかけての保湿も重要なものなのです。
冬にしていた朝晩の保湿ケアをこれからの季節はナイトケア重視に切り替えてみてはいかがでしょうか。

これからの季節にピッタリな「ネロリ」とともに、保湿ケアをしていってくださいね。
http://j-flow.com/products/detail.php?product_id=6

796398_wl.jpg


こんにちは。J-FLOW(ジェイフロー)の三島です。
桜も終わり、今度は新緑の季節を迎えますね。
季節の移り変わりの速さに少々戸惑いがちです(笑)


a1380_001101.jpg
気温も湿度もどんどん変化していくこの季節。じつはスキンケアに対しての落とし穴が潜んでいるものなんです。
この季節は日によって朝晩の気温差が激しいため、身体の筋肉が急に収縮や弛緩をくりかえすこととなります。
当然、血液やリンパの流れも悪くなり、基礎代謝が乱れてしまいます。
そうすると体調を崩しやすい原因にもなっていきます。基礎代謝の乱れはお肌にも大きな影響を与ることとなっていくんです。

さらには暖かくなってくるこれからの季節は、紫外線の量も増えてきます。
環境の変化が起きるときは、お肌が敏感になっているものです。

様々な肌トラブルが起きやすい季節のケアにはやはり「保湿」することが一番のケアとなります。
十分な水分があれば、多少の刺激があってもそれを乗り越えることができます。
逆に水分が足りていないと、吹き出物やしわなどが増加しどんどん老化を進めて行く原因になってしまうんです。

寒さが緩むと油断しがちなスキンケアですが、じつはこの変わり目の時期のスキンケアが重要となってきます。
いまの季節、しっかりとケアをしていくことがお肌の老化を遅らせることにつながります。

j-folw01_imege.jpgのサムネール画像のサムネール画像http://j-flow.com/lp/face/a8discount.html


暖かくなるとついつい、保湿ケアを忘れがちです。
正しいケアを知っていただくことで、季節折々を楽しんでいただけたらなって思います。






こんにちは。J-FLOW(ジェイフロー)の三島です。
先日お花見を兼ねた女子会でのことなんですが、
女子トークで必ずといっていいほど出る話題は「恋愛話」と「お肌のお手入れ」です。
みんなそれぞれのスキンケアをしているのですが、さらに良いスキンケアには敏感なようです(笑)

皆さんはスキンケアの「役割」と聞くと、どんなことを思い浮かべますか?

保湿、ハリ、リフトアップ、美白、美肌、そんな感じですよね。
第一条件は見た目への効果を期待するものですものね。

じつは・・・スキンケアの役割はそれだけじゃありません。

スキンケアをすると、その心地よさで癒されたことはありませんか?
スキンケアの心地よさで、気分や感情が良くなった経験があると思います。

朝は目覚め感をます効果があり
夜は一日の終わりを実感してリラックス効果へと誘います。

このことにもっと注目して欲しいなって思います。

スキンケアは、お肌に働きかけるケアだけのものではなく
思考と感情のバランスを整えるものとして、積極的に活用して欲しいのです。

それにはスキンケア化粧品を選ぶ際に、美容成分だけでなく、「心地よさ」にもこだわることがいいと思います。
そうすればあなたのお肌だけでなく心や身体も整えてくれるトータルケアとなります。

それを実感するのに欠かせない方法があります。
スキンケアの際に軽くハンドプレスすることです。

てのひらを使って顔全体を包み込むようにお肌に浸透させてください。
ほんの数秒でかまいません。

このほんのちょっとしたコツがスキンケアの効果を高めるコツです。
ぜひ試してみてくださいね。
http://j-flow.com/

j-folw01_imege.jpg





このアーカイブについて

このページには、2014年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年3月です。

次のアーカイブは2014年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。