ブログ: 2014年6月アーカイブ

2014年6月アーカイブ

こんにちは。J-FLOW(ジェイフロー)の三島です(^-^)
梅雨空が続いて蒸し暑い日が続いてますね。

a0027_002641.jpg

暑くなると体は外気温から体内を守るために、汗を出して体温を調節しようとします。
体内の水分がどんどん外に出ていってしまっている状態です。
そこで気をつけていただきたいのは「水分補給」です。

夏にできやすいニキビや吹き出物の原因は水分不足


私たちの体の約60~70%は水分でできています。
お肌の成分ももちろん水分が基となっています。
外に出ていってしまう水分は補給しないといけませんよね。

では、水分が足りないとどうなってしまうのか・・・
まず、血液がドロドロになって血の流れが悪くなります。
流れが悪くなった血液は、老廃物がたまり汚れた状態となるんですね。

血液が汚れると、細胞まで汚染されることになります・・・。
そこで、血液が汚れると、体内ではその汚れから何とかして細胞を守ろうとする働きが起こります。
ニキビや吹き出物、湿疹やじんましんは、悪いものを皮膚から排出しようとするあらわれです。
いわゆる「身体からのサイン」です。

そのほかにも「肌の潤いや弾力」「肌のツヤ」も血液の汚れが関係してきます。

a0002_002020.jpg

血液が汚れやすい夏は血液をキレイにする心がけが必要となってきます。


血液を汚れにくくするためポイントは食事と運動、そしてこまめな水分補給です。
このポイントを心がけると内側にも外側にもムダのない、キレイな体を作ることができますよ。

①「腹八分」を心がける
食べ過ぎは血液を汚すだけでなく、肥満の原因にもなります。
ゆっくりよく噛んで食べ、食べ過ぎを防ぎましょう。

②血液をサラサラにする食品をとる
穀物を全体の6割、野菜・海草・果物を3割、魚介類・肉類を1割が理想といわれています。
白米より玄米、白パンより黒パンという様に、色の黒い食べ物を取り入れるといいですよ。

③入浴で体を温める
血管が広がり、血行が促進されることにより、内臓や筋肉への酸素供給や栄養補給が増します。
老廃物の排泄作用も促されます。

④運動で体を温める
筋肉を鍛えると体温が上昇し、血流がスムーズになります。

体全体の心がけをすることが、潤いのある丈夫な肌作りにつながっていきます。
こまめな水分補給で潤いのある肌作りをするとともに、エアコンによるお肌の水分の蒸発を防ぐための対策もお忘れなく♪

カラダの中からのスキンケア、外からのスキンケア、両方大切です。

796398_wl.jpg











こんにちは♪ J-FLOW(ジェイフロー)の三島です。

暑い季節になると、たくさん汗をかいて皮脂の分泌量も多くなりますよね。
汗をかくとベタつくこともあるので、お肌の潤いを気にしなくなりがちです。

a0002_008786.jpg

夏は季節がら、代謝が高まる時期ではありますが、環境によって夏特有の「肌トラブル」が起こります。
その原因は「隠れ乾燥」によるものです。

「隠れ乾燥」は、一見お肌が潤っているかのように感じてしまいます。
それにより"乾燥している"という自覚症状が出にくいことから、気がついたら肌トラブルになっていた!ということになってしまいます。


a0002_004059.jpg

「隠れ乾燥」の原因は大きく分けて3つあります。

1:紫外線ダメージによる肌の乾燥
紫外線を浴びるとお肌に大事なタンパク質を変性させたり、コラーゲンを破壊したりと大きなダメージを受けます。それにより、バリア機能や水分保持能力が低下するため乾燥しやすくなってしまいます。

2:冷房による乾燥
外が暑ければ暑いほど活躍するエアコンですが、じつはこれはお肌を乾燥させる大きな原因になります。
エアコンの風により、室内が乾燥しますよね。特にオフィスなどでは、いろんな方が快適に過ごしやすようにかなり乾燥させてしまいます。過ごしやすくなる反面、お肌の皮脂が乾いていき、角質層がもろい状態になりやすくなります。
さらに気をつけていただきたいのが、エアコンから出る風です。
直接当たると皮脂の水分があっという間に失われてしまいます。

3:汗は必要なものも流してしまいます。
お肌にとって必要な潤い成分「天然保湿因子(NMF)」は水に溶けやすい性質を持っています。汗をかいたり、洗顔・シャワーなど水分に触れる機会が増えるとNMFが溶け出してしまいます。かといって、汗を止めるのはとても危険なことです。汗は体温調節するために必要不可欠な行為なのです。出て行ってしまうものは、しっかりと補うことが大切です。


原因を知ることで、対策をとることができますよね。
失いやすい栄養分を補給することで、肌トラブルを起こさないようにできます。
日中受けたダメージは、ナイトケアでしっかりと補ってくださいね。
http://j-flow.com/user_data/concept.php


796397_wl.jpg

ビタミン補給、コラーゲン補給は食物からの補給がいちばんオススメです♪

カラダの中と外からしっかりと補給して、肌トラブルに負けないお肌環境を作ってくださいね。

こんにちは!
J-FLOW(ジェイフロー)の三島です。

梅雨に入り、毎日スッキリしないお天気ですね。
どんよりした空に、蒸し暑さ・・・
これも日本の風情だと思うのですが・・・この時期特有の空気は、モチベーションが下がり気味になってしまいます(笑)


a0027_000558.jpg

何か明るい話題はないものかと探しておりましたら・・・
気になるネイル情報を見つけました!

これは流行る?!塩ネイルって何?

その名の通り、ネイルに塩をかけたものです。
やり方はいたってカンタン♪

マニキュアを塗り、塩をふりかけ、もう一度塗って完成。

詳しくはコチラをご覧下さい。
今密かに人気の「塩ネイル(salt nail)」を知ってますか?

細かいビーズをつけた「キャビアネイル」がありますが、この塩ネイル(salt nail)はそれの進化版といったところでしょうか。
「キャビアネイル」よりもコストや手間がかからないところが、魅力のようです。

キャビアネイルって? そう思われた方はコチラをご覧下さい↓
今キテる!キャビアネイルがおしゃれすぎる♡


マット系の単色やパステル系の単色によく合います。
一見キャンディー系のお菓子を思わせるようで、美味しそう♪(笑)

全体に塩をかけてもかわいいし、ワンポイントに1本だけにしてもとってもキュートでオシャレです。
達人レベルになると、ネイルアートの一部分の立体加工に使われています。

ネイルの世界はなかなか奥深いものですね~。
そのほかに今年の注目ワードは「クリア系」と「シェルパーツ」のようです。

手元のオシャレは天候に左右されにくいものです。
しっかり手間をかけても大丈夫ですよ♪

手元から気分をあげて今週も頑張りましょう(^-^)

そうそう! オシャレの基本はお手入れからです。
手元のオシャレもお忘れなく。
http://j-flow.com/

20130624_135833.jpg

こんにちは、J-FLOW(ジェイフロー)の三島です。
この数日の暑さはちょっと応えますよね~。
特に信号待ちでの照り返しは、かなりのダメージを受けました。
夏本番はこれからなのに・・・先が思いやられそうです。


a0001_013524.jpg

やはり外出の際に気になるのは「紫外線」です。
ギラギラした太陽光線がジリジリ肌を攻撃しているかのようにあたります。
先日、ちょっとした実験をしてみました。
日焼け止めを塗らないのと、塗るのとどれだけ違うのか・・・
後で思ったのですが、ちょっとチャレンジャーでした(^^;;

その差は一目瞭然!
塗らなかった部分は未だにヒリヒリします。
面倒でも日焼け止めは必須ですね・・・。

a1180_010895.jpg

紫外線対策に効果がある日焼け止めですが、大切なのはそのあとの「お手入れ」です。

もともとファンデーションなどの化粧品や日焼け止めは肌に負荷をかけるものです。
素肌を守るためには仕方ありません。

負荷がかかりっぱなしのお肌を毎日リセットしてあげてください。
そのリセット方法はしっかり落とすことです。

ファンデーションなどの化粧品や日焼け止めは、普通の洗顔料では落ちにくくできています。
なので必ず「クレンジング剤」を使用して欲しいのです。

最近ではダブル洗顔不要という洗顔料とクレンジングが一緒になったものや、手軽に使えるクレンジングシートなどありますが、私的にはあまりオススメできません。
少々値がはっても、しっかり落とせるオイルタイプかジェルタイプがオススメです。

クレンジング剤で化粧成分をしっかり落としたあとに、優しく洗顔剤を使用してくださいね。

その後のスキンケアがもっと大切です!
紫外線や乾燥などのダメージを受けても、健康な肌はよい状態に戻ろうとします。

ですが、クレンジングや洗顔でその効果が落ちます。
落ちてしまったものは、しっかりと足さないといけないですよね。

お肌にたっぷりな水分補給とその水分を逃がさない保湿。
夏のスキンケアに欠かせないものです。
http://j-flow.com/

j-flow03_imege.jpg



このアーカイブについて

このページには、2014年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年5月です。

次のアーカイブは2014年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。