うっかり日焼けを見逃さないで!日焼けの対処法 - ブログ

うっかり日焼けを見逃さないで!日焼けの対処法

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは、J-FLOW(ジェイフロー)の三島です。
大型の台風が過ぎて、一安心ですね。ですが、夏の用心はこれからです。

images.jpg
これからは、お休みに入る方も多いでしょうね。
お休みになると、いつもの生活とちょっと違った行動になります。

普段しないような外出をしたり、環境が変わったりと、普段のお手入れでは追いつかないことも出てくるかと思います。

そうすると、「うっかり日焼け」の原因になったりするものです。
このうっかり日焼けは適切なケアが大切です。
適切なケアをしなかったばっかりに、しみになってしまうことがあります。

私は若い頃、日焼け対策をしていなかったので、顔に大きなシミがあり、手の甲もシミだらけになってしまいました。
あの頃、しっかり対策をしていればな~、と今さら悔やんでも取り戻せないものです。


そうならないための対処法をお伝えしますね。

1・日焼けはやけどと同じです。炎症を抑えます。

太陽にあたった肌は、熱を持ちます。
軽く炎症が起きているということです。
ポイントはとにかく冷やすこと。
炎症の度合いにもよりますが、肌の熱が引くまではとにかく冷やしてくださいね。

2・炎症が治まったあとは、水分補給

日に焼けた後は肌が乾燥しやすくなります。
化粧水などを使って、念入りに水分を補給しましょう。
化粧水をコットンにたっぷり含ませてパックをするようにすると、より効率よく水分と美容成分を補うことができます。

3・保湿もしっかりと

水分補給したあとは、水分を保つために保湿をしっかりしましょう。
J-FLOW(ジェイフロー)のツバキオイルエッセンスは、無添加ですので刺激もなく、日焼けした肌にやさしく保湿できます。

j-folw01_imege.jpg
4・体の中からもしっかりケア

紫外線を浴びると、体内に大量の活性酸素が発生します。
増えすぎた活性酸素は、肌細胞にダメージを与えてしまうため、それを防ぐために今度はメラニン色素が増え出します。
メラニン色素はしみのもとになりますから、新陳代謝を活発にして、増えすぎてしまったメラニン色素を排出してしまわないといけないんです。
体内の水分補給を多めに取るとともに、抗酸化力の高い食べ物を摂り入れ、体の中もしっかりとケアしましょう。
抗酸化力が高い栄養素は、ビタミンCやビタミンE、リコピン、アスタキサンチンといったもの。
食品としては、レモン、アボカド、トマトなどの野菜や、鮭などがオススメですね。

5・しっかり睡眠をとること

日焼けしたときは、かなり疲労しています。お肌も同様に疲労しています。披露を回復させるには、まずは睡眠です!
お肌の活性化は夜の10時~深夜2時頃といわれています。
お肌の入れ替わるゴールデンタイムです。
この時間を意識して、睡眠を取るとお肌のダメージ回復が早くなります。


しっかりとしたした、紫外線対策も大事ですが、日焼けあとのケアはもっと大事です。
しみやそばかすを作らないために、参考にしてくださいね。




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.j-flow.com/blog/mt-tb.cgi/80

コメントする

このブログ記事について

このページは、j-flowが2014年8月11日 15:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「乾燥肌の方へ。ツバキオイルエッセンスの基本的な使い方」です。

次のブログ記事は「これを知ればもう怖くない!夏の化粧崩れ3つの要因と解決法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。