肌老化を加速させる「夏疲れの原因」 - ブログ

肌老化を加速させる「夏疲れの原因」

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは、J-FLOW(ジェイフロー)の三島です。
まだまだ暑い日が続きますが、ふと空を見上げると、空の色がちょっとずつ変わってきています。
暑いとはいえ、秋の気配は近づいているんですね。
季節の変わり目が始まっているようです。

YMD93_mugiwaraboutoumi500-thumb-260xauto-3781.jpg

じつはこの時期、夏のお疲れが出始める頃でもあります。
食欲の低下、だるさ、めまいやふらつきといった症状が出ている方は要注意です。
明らかに「夏バテの」症状ですね。

夏バテになってしまうのには、原因があります。
それは「冷え」からくるものです。

外気温が高いので、どうしても冷たいものを欲してしまいます。
この季節は、口当りが冷たいものが美味しく感じられます。

ですが、その冷たさは口を過ぎてしまうと消えてしまいますよね。
これは体温で温まったと勘違いされる方が多いのですが、じつは温まるのではなくて、内蔵が温度に鈍感だからなんです。
内蔵は冷たい!と感じにくい性質をもっています。

PP_coffetime500-thumb-750x500-293.jpg

口当たりのよい、冷たいものばかり摂取していると胃腸の働きが低下します。
そういったことから、体全体の機能が低下し、夏バテの原因となるのです。

胃腸の働きの低下は、表面に出る夏バテ症状だけではなく、表面に出にくい肌の疲れにの影響を及ぼします。
胃腸の働きが悪いということは、血流の流れも悪くなるということ。
お肌への栄養素を運ぶ血流が悪くなてしまうので、肌老化を起こす原因になります。

おへその辺りに手を当ててみて下さい。
・・・冷たくなっていませんか?

夏バテの解消方法としては、とにかく内蔵を温めることです。

まず、シャワーだけというのは内蔵にも、お肌にも良くないです。
ぬるめの温度でいいので、湯船に浸かってください。

その際には、おへその辺りに手を当てること。
それだけで、胃腸が温まります。

「手当」という字があるように、ご自身の手には治癒能力がありますから。

ちょとダルイな、と思ったらそれは夏バテのサインですよ。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.j-flow.com/blog/mt-tb.cgi/82

コメントする

このブログ記事について

このページは、j-flowが2014年8月26日 15:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「美肌への効果大!注目の「フルーツビネガー」」です。

次のブログ記事は「気になる毛穴の黒ずみ、そもそもの原因とは?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。