秋のスキンケアはダメージ回復が重要です。 - ブログ

秋のスキンケアはダメージ回復が重要です。

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、J-FLOW(ジェイフロー)の三島です。
すっかり秋めいてきました。今年は涼しくなるのが早いような気がします。

季節の変わり目はお肌のトラブルが発生しやすくなります。
夏の強い紫外線によるダメージがそろそろ出る頃です。

images.jpg

こんな症状はありませんか?

・肌のゴワつき、カサつき。
・肌のキメが粗くなったように感じる。
・お化粧のノリが悪い。
・ニキビや吹き出物が出てきた。
・くすみや小じわが増えた。
・かゆみを感じる。

それは夏特有の生活環境が原因です。

・強い紫外線による日焼けや乾燥
・エアコンによる冷えや乾燥
・暑さによる過剰な皮脂や汗の分泌

置かれた生活環境によって、保湿機能やバリア機能が衰えた状態となり、いろいろな肌トラブルを起こしやすくなります。

では、なぜ肌トラブルがこの時期に出るのでしょうか?
それは、正常な肌のターンオーバーは28日と言われています。このため、夏に受けたダメージは、秋になって表に現れてくるということです。

気候の温度変化で起こる肌トラブル

さらに、気候の温度変化で体調が不安定となり、肌は外部からの刺激に対してとても敏感になっています。
また、夏に比べて皮脂や汗の分泌量が減り、空気も乾燥し始めます。このために肌は乾燥しやすい状態となって、バリア機能が低下します。

夏のダメージを受けた肌にこのような秋の環境が重なると、肌にいろいろなトラブルが表れることになります。

秋は夏のダメージ回復をしっかりする季節です。
夏のダメージを残したままだと、冬の厳しい乾燥シーズンには、さらにひどいトラブルが出てくることになってしまします。
保湿を中心としたスキンケアを心がけましょう。

なんといってもスキンケアに欠かせないのが水分です。
水分がしっかりと行き渡った肌は、柔らかく、キメが細かくて見た目が美しいだけでなく、バリア機能もしっかりと働いています。
このように潤った肌は、外部からの刺激を遮断してくれ、ニキビや吹き出物、かゆみなどのトラブルのない肌となります。

そして、しっとりと潤った肌を維持するために重要なのが、角層のケアです。

img4.gifのサムネール画像

角層は肌の表面を覆う0.02ミリほどの薄い層ですが、この角層が健全な状態であることが、肌の潤いを保ち、バリア機能を維持するポイントとなります。また、健全な角層は新陳代謝も正常に行われることになりますから、シミなどのできにくい肌となります。

スキンケアのポイント

1.肌表面の汚れを落とす。
2.水分をしっかり補給。
3.皮脂膜の油分の補給。


1.クレンジングや洗顔で肌表面の汚れを取り除く
メイクの細かい汚れや古い角質を落し、肌のターンオーバーを促します。
古い角質が残っていると、肌はくすみ、ごわごわとした硬い状態になってしまいます。

ただし、ここで注意して欲しいのが、あまり強く洗いすぎるないこと。
強く洗ってしまうと、角層が傷つき、バリア機能が低下しますので、洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔料を使ったり、ゴシゴシこすったりすると逆効果になります。

2.化粧水などでたっぷりと水分を補給する
洗顔後の肌は潤いが不足しますので、化粧水などでしっかりと水分や保湿成分を補給しましょう。

j-flow02_imege.jpg

3.ツバキオイルエッセンスで皮脂膜の油分を補う
皮膚は皮脂や汗で天然のベールを作り、肌の水分が蒸発しないような仕組みになっています。
しかし、洗顔後は皮脂が一時的に落ちて無防備な状態となっています。
健全な肌状態ですと、皮脂は自然に分泌し、すぐに元の状態に戻りますが、夏のダメージで保湿力の衰えた肌は、この機能も低下しています。

せっかく水分補給したのですから逃さないようにバリアを作ることが大切です。

本格的な衣替えを迎える前に、お肌の状態を整えておきましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.j-flow.com/blog/mt-tb.cgi/87

コメントする

このブログ記事について

このページは、j-flowが2014年9月18日 09:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小鼻に黒いポツポツ、それは毛穴の汚れです」です。

次のブログ記事は「スキンケアだけでは足りない!美肌にはデトックスも大事」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。